ナンバン国立公園。

プロフィール

ナンバン国立公園Nambung National Park)は、オーストラリア西オーストラリア州ウィートベルト地域にある国立公園である。西オーストラリア州の州都パースの200 km北西、小さな海岸沿いの町サバンティーズの17 km南に位置する。この公園には「ピナクルズ」( pinnacles )と呼ばれる石灰岩の奇岩群があるピナクルズ砂漠がある。

このナンバン国立公園の名前は、オーストラリア先住民族アボリジニの言葉で、おそらく「曲がる・ねじまがる」という意味の言葉を由来としている。この名前は、1938年にナンバン川に初めて名付けに使われた。この川は、この公園を経由し、石灰岩の中のナンバン洞窟からは地下を流れインド洋に注ぐ。この土地には、ヨーロッパの人々が来る前からYuedの人々が土地を伝統的に管理していた。

この公園は、砂漠の他、海岸や花が咲く場所など様々な場所がある。Lake Thetisの北側では、微生物、特にシアノバクテリアが作ったストロマトライトのようなen:Thromboliteがみられる。化石化したThromboliteの多くは、36億年も昔の物である。「 Pinnacles Desert Discovery Centre 」では、この地域の歴史的文化的な価値を解説する展示が行われている。(出典:Wikipedia

予約方法

以下のサイトから予約しました。

サイト → D.O.A Australia

申し込み内容:サンセットピナクルツアー

申し込み金額:A$245

でした。(2017年11月25日現在)

ベストシーズン

最適な時期は8月から10月にかけてです。ワイルドフラワーも咲きます。

8月は季節的には冬なので、防寒も忘れずに。

感想

2017年11月26日にオーストラリアWA州にある世界遺産ピナクルズを見に行きました。

”せっかく西オーストラリアのパースにいるから、なんかしたい”と思ったのが、理由です。

ガイドさんや他のお客さんも日本人だったので、久しぶりの日本語、日本人にほっこりしました。

また、ガイドさんも親切な方でWA州やオーストラリアの暮らしや情勢などについても話してくれてとても勉強になりました。

また、ピナクルズについては行った時期が良くて人も少なく8人くらいでゆっくり観光できました。缶蹴りしたら楽しそうだなという印象です。

繁栄期には80人くらいの大型バスで行くそうです。なので、行く時期は慎重に検討してください。

オーストリアでは毎年大規模な森林火災が起こっています。この写真は数年前に起きた火災の後です。火災の原因は高温による自然発火で木自ら持っているオイルが高温で発火するらしいです。この現象を”Bush Born”と言います。
ピナクルズの写真です。この岩たちはまだ、解明されていないことも多いみたいです。
夕日です。砂漠って、日本にないから行って良かったです。
最新情報をチェックしよう!

WA州の最新記事8件

PAGE TOP