パース(Perth)。

プロフィール

パースPerth, オーストラリア英語発音: /pɜːθ/)は、オーストラリア連邦の西オーストラリア州の州都であり、同州の最大都市である。

地方自治体(シャイア)としてのシティ・オブ・パースは人口は27,762人程度(2018年)だが、パース都市圏の人口は約209万人(2019年)にも及ぶ。西オーストラリアを代表する大都市である。

「パース」という名前は、1829年にスコットランド人であるジェームズ・スターリング総督が、植民地大臣であるジョージ・マレー卿(英語版)を称えて、マレー卿の出身地であり英国下院議会の議席の地盤であるパースから命名した。(出典:Wikipedia)

アクセス

メルボルン空港からジェットスターでパース空港に行きました。

*ちなみに日本からのパース空港への直行便はなく、シンガポール空港経由となるみたいです。

適期

ベストシーズンは9月から5月の春から秋です。特に春の9月ごろになるとワイルドフラワーという花が咲き乱れます。

逆に6月から8月の冬は最高気温は20℃いかないくらいの気温ですが、雨がよく降ります。

なので、お盆よりはシルバーウィークを使って行くことをお勧めします。

感想

2017年11月24日から27日までにオーストラリアWA州パースに行ってきました。

パースに来た目的は”この先、ケアンズ、シドニーにはまた行くこともありそうだけど、西にいくことってあるのかな?”と思い、選びました。ただ、オーストラリアの西側ってどうなってるのか興味もありました。そんな理由です。

パースは私的にはとても好きな街でシドニーやメルボルンほど人もいないし、車もそこそこ。

気候も良く、人も親切。

街自体も大きくなく、図書館や美術館など公共施設も密集しててわかりやすく、歩きやすい。

また、キングスパークなど大きい公園もあって、住みたい街です。

ただ通り過ぎた街だったので、家賃とか仕事があるかとかはわかりませんが長期滞在したい街でした。

パースの街並みです。綺麗な街でした。
別角度からの街、木々もあったりして心地よい都市でした。
キングスパークです。広い公園でもちろん清潔です。

最新情報をチェックしよう!

WA州の最新記事8件

PAGE TOP