オールバニ(Albany)。

プロフィール

オールバニ(Albany)は、オーストラリア・西オーストラリア州の南部に位置し、グレート・サザン地域に属する港湾都市である。州都パースから南東に約400kmの距離にある。

人口は約3.4万人で、州第5位。市中心部はキングジョージ湾の一部であるプリンセス・ロイヤル・ハーバーの北岸にあたる。

オールバニの歴史は、1827年にイギリス軍によって建設された駐屯地にはじまる。パースの建設(1829年)よりも2年ほど先んじており、西オーストラリア州における最古のヨーロッパ人入植地である。当初はフレデリクスタウンと名付けられた。1831年にスワン川入植地(西オーストラリア州の前身)の一部に編入され、翌年ジェームズ・スターリングによってアルバニーと改称された。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、オールバニは西オーストラリア第一の港を有し、イギリスとの航路の寄港地として、ならびにカルグーリーなど当時ゴールドラッシュに沸いていた東方の金鉱脈への玄関口として賑わった。しかしフリーマントルにおける港湾の建設・拡張により、その重要性は薄れていった。以降アルバニーの主産業は農業と林業へと移り変わり、さらに後年には捕鯨が加わった。

今日においては、よく保護された歴史的遺産と美しい自然環境が多くの観光客を引きつけ、また周辺の観光地を巡る際の拠点としても大きな地位を占める。さらに、第一次世界大戦に参戦する兵士たちがヨーロッパへ向けて出港した地としても知られる。(出典:Wikipedia調べ)

アクセス

パース → オールバニ

乗車時間はバスで6時間くらいです。

“East Perth Stn”に行って、窓口でオールバニ行きのチケットを取りました。窓口の方も親切な方でした。

↓”East Perth Stn”です。

↓オールバニ駅(Albany)です。

感想

2017年11月28日から12月9日までオールバニでWWOOF(ウーフ)として農業を手伝っていました。

オーストラリアの西側に行ってみたいという理由で”西”というキーワードで探していて、最初はパースからどんどん広がっていって結局、オールバニになった感じです。

パースから6時間の電車で着いたのはいいもののオールバニ駅には小さな商店街があるだけ。

ホストファミリーが車で迎えにきてくれて、お家まで今度はドライブ。

道は水平線。カンガルーが道端で死んでいたりと、なかなかの衝撃。

車がないと不便な田舎ですが、私は好きです。

季節的には夏だったのですが、気温も低く夜は長袖が必要です。

携帯は私はオプタスを使ってましたが、電波は弱かったです。

観光する所も遊ぶ所も働く所もない。

人も多くなくて私的にはのんびりできて好きな町でした。

最新情報をチェックしよう!

WA州の最新記事8件

PAGE TOP