サパ。

2018年4月24日から28日までベトナム北部ラオカイ省にあるサパという町に滞在していました。

サパってどんな町?

サパ(ベトナム語:Thị xã Sa Pa/ 市社沙垻)は、ベトナムのラオカイ省に属する市社。中国との国境に近い。標高1,600mに位置し、夏の気温は適度だが雨が多く、冬はやや冷たく霧が多い。

モン族やザオ族などの少数民族が暮らしており、また一帯の峡谷の景観を求め観光客が訪れる。(出典:Wikipedia)”

とあり、避暑地として観光客が訪れていました。日本でいうと軽井沢のような場所です。

サパへのアクセス方法

私はベトナムのハノイから深夜バスを利用して、サパに行きました。

以下のサイトから予約しました。

サイト → tnkjapan.com

所有時間は6時間くらいで往復35USドルでした。

ハノイからサパへの出発場所(分かりにくい場所ですが”INTER”という看板とプーマみたいなロゴが目印です。)

こちらはサパからハノイへの出発場所です。 (ここもわかりにくい場所にあり、ホテルのホビーみたいなところに集合してバスに案内されました。)