ウルル。

プロフィール

ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。

ウルルはオーストラリア先住民のアナングよる呼び名(ピチャンチャチャラ語)で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロック(英: Ayers Rock)も広く知られた名称である。「エアーズロック」という名称は1873年、イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検行の途中で発見し、当時の南オーストラリア植民地首相、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたものである。

1987年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された。しばしば書籍やWebサイト、テレビなどにおいて「エアーズロックは世界最大の一枚岩である」と紹介されるケースがあるが、同じくオーストラリアの西オーストラリア州に存在するマウント・オーガスタスは本岩の約2.5倍の大きさがあり、“世界最大の一枚岩”はこのマウント・オーガスタスである。

オーストラリアのほぼ中央に位置し、ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する。西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタスに次いで、世界で二番目に大きな単一の岩石である。『世界の中心』という意味合いで「大地のヘソ」もしくは「地球のヘソ」と呼ばれることもある。ウルルを形成する砂岩は鉄分を多く含んでおり、外観は鉄分が酸化した赤色を呈している。太陽の当たり方で色が変わって見え、朝陽と夕陽により赤色がより鮮やかになる。ウルルは岩盤が長期的に削剥され形づくられたもので、比高335m(標高868m)、周囲は9.4kmである。表面には地層が表れ、地表からほぼ垂直に無数の縦じまを形成している。

オーストラリア先住民がウルル周辺に住み着いたのは、今から1万年以上前といわれる。先住民が遺したとされる、精霊や水場の位置が描かれた壁画があり、最も古いものは1千年程度前のものと推定される。先住民の聖地であり、古くから先住民のピチャンチャチャラ語で「ウルル」と呼ばれるが、ウルルは固有名詞であり特に意味はない。ウルルは1980年代から正式名称として使われ始めた。表面の色、風食による巨大なくぼみや穴などはノッチとも呼ばれ、精霊が宿っているとされる。

1976年にアボリジニ土地権利(北部準州)法が制定された際にウルルは対象から除外されていたため、1970年代後半からピチャンチャチャラ評議会及びセントラルランド評議会は法の改正を要求するロビー活動を展開した。その結果、1983年11月にホーク政権は法の改正とウルルの所有権を伝統的所有者に返却することを宣言した。そして1985年10月26日、ウルルの所有権はオーストラリア政府から本来の所有者であるこの地域の先住民(アナング、Anangu)に返却され、同時に2084年まで一帯の土地を環境エネルギー省にリースされることとなった。ウルル周辺にも先住民の聖地がいくつかあり、許可無く立ち入った場合は罰金が科せられる。(出典:wikipedia

予約方法

以下が使ったツアー会社とスケジュールです。航空券は自分で取りました。

サイト → Uluru Tours

スケジュール(参考までにどうぞ)

11/11- Arrive in Ayers rock airport 10:30 am, pick up by Rock Tour (Kurt is the driver) at the main entrance of Ayers rock airport, we will drop you off at the YHA in Alice Springs where we booked you one night in a dorm room.

12/11- Pick up by Rock Tour at 5.25 am- Kings canyon walk- Camp

13/11- Kata Tjuta walk, cultural centre visit, Mala walk, Sunset of Uluru- Camp

14/11- Uluru sunrise, Base walk, finish the tour at 10 am at Ayers Rock Airport, fly out

*私の場合、フライト時間の関係で少し特殊なスケジュールを組んでもらいました。

注意事項

・このツアー会社はエアーズロックに登ることは推奨してないのでエアーズロックに登りたい人は別のツアー会社を探すといいと思います。

・全て英語です。私が行った時は日本人はいませんでした。

・キャンプ場に泊まるのですが、ボロいです。また、夜はだいたい天気が荒れるので強風、大雨、雷がすごかったです。

テントの中の様子です。ここに二人で寝ます。寝袋も清潔ではありませんでした。

・ハエがたっっっっくさんいるのでハエ避けネットは絶対持って行った方がいいです。

アクセス

私はメルボルン空港からエアーズロック空港まで飛行機で行きました。そして、エアーズロック空港でピックアップしてもらいツアーに参加しました。

↓メルボルン空港

↓エアーズロック空港

ベストシーズン

ウルルの観光のベストシーズンは、

秋の4月、5月。

春の9月、10月、11月です。

このシーズンは日中の気温は涼しく、20℃から25℃くらいと過ごしやすい気温です。

また、5月から冬の8月にかけては降水量が少なく、天気も安定した日が多いので、星空を綺麗に見れます。

感想

2017年11月11日から14日までにオーストラリアのウルルに行きました。いわゆるエアーズ・ロックです。

あの「世界の中心で愛を叫ぶ」の地ですね。古いか。

感想はとにかくハエ!

日本のハエと違い、まとわりつくハエなので本当に鬱陶しかったです。

ハエ対策を忘れずに。

ツアーに参加したのですが、私以外日本人はいませんでした。

ガイドさんが言う英語もさっぱりで大変だった思い出です。

ウルルの他にも、キングス・キャニオンやカタジュタという場所も行ったのですが、私的には

キングス・キャニオンの方が景観も綺麗で好きです。

キングス・キャニオンです。渓谷が好きな私にはウルルよりも魅力的でした。
ウルルです。いい色。

最新情報をチェックしよう!

NT州の最新記事8件

PAGE TOP