登山中の火山噴火対策:安全への道のり

山登りは自然の美しさを満喫する素晴らしい経験ですが、火山地帯では特に注意が必要です。火山の状況は予測が難しく、突然の噴火もあり得るのです。そこで、地震や不審な蒸気、異臭、地面の割れ目など異常を感じたら、すぐに安全な場所へと下山を開始しましょう。

噴火時の緊急避難

万が一、噴火に直面してしまった場合、まずは落ち着いて迅速に行動することが重要です。写真撮影などは絶対に避け、生命を守るために全力で逃げましょう。ヘルメットを着用し、マスクや湿らせたタオルで口と鼻を保護しながら、噴火口とは反対方向へと逃げてください。登山用のバックパックは体を守る盾となるため、背負ったままで避難します。

安全な避難場所の見つけ方

噴石や火山灰から身を守るために、近くに避難所や山小屋があれば、そこへ向かいます。もし避難所が見当たらない場合は、大きな岩の陰など、身を隠せる場所を探しましょう。その後は、状況が落ち着くのをじっと待ち、救助を待つしかありません。

最新情報をチェックしよう!