全豪オープン。

プロフィール

全豪オープン(ぜんごうオープン、英語:Australian Open)は、毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。

会場のメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。2000年にはサブアリーナとしてボーダフォン・アリーナ(現在のメルボルン・アリーナ)が建設され、2015年にはマーガレット・コート・アリーナに開閉式屋根を設置する改修工事が完了し、3つの開閉式の屋根付きスタジアムを設けることになった。会場に開閉式の屋根を設置した大会は全豪オープンが最初である。

男子シングルス部門の優勝者にはノーマン・ブルックス・チャレンジ・カップが、女子シングルス部門の優勝者にはダフネ・アクハースト・メモリアル・カップが、其々の表彰式の際にオーストラリア名物であるコアラのぬいぐるみと共に贈られる。2007年まではカンガルーのぬいぐるみが贈られており、これらは本大会ならではの光景となっている。

全豪オープンは、開催時期の変更も多い大会である。クーヨン・テニスクラブで開かれていた時代、1976年までは現在のような1月開催であったが、1977年には1月と12月の2回開催された。その後、1978年から1985年までは12月の年末に開催されていた。1987年から1月開催に戻り、1988年には会場がメルボルン・パークに移転して、現在に至っている。会場移転の決定による開催時期の変更により(1985年12月 → 1987年1月)、「1986年全豪オープン」は開催されなかった。(出典:Wikipeida

予約方法

以下のサイトから予約しました。予約完了したら、メール画面をメルボルン・パークにある改札のような場所にいるスタッフに見せると入れます。

サイト → 全豪オープン

アクセス

大きい駅のフランダースストリート駅から徒歩20分

感想

2018年1月23日にオーストラリアVIC州メルボルンで行われた全豪オープンを観に行きました。

オーストラリア最後の思いです。

私はテニスを趣味でやっていて、せっかくオーストラリアにいるなら、絶対に行きたいと思い、ポチりました。

テニスの公式戦を見るの自体初めてでワクワクドキドキでした。

驚いたのはコートの多さ、調べたら、26面もあるらしい。

サーブが変わる度に休憩があるのですが、サーブを打ち始めて、ゲームが始まったら、会場に入れないという独特なルールが面白かったです。うかうかトイレにも行けません。

サーブを打つ前の静寂や点数が入った時の拍手など、なんだか不思議な空間でした。

席によっては日差しをもろに受けるので、帽子と日焼け止めを忘れずに。

モニュメントです。LEDになっており、いろんな色に変化してました。
コートです。観客なしでこんなコートでテニスをしてみたい。
こんな距離で見てみたい。
最新情報をチェックしよう!

VIC州の最新記事8件

PAGE TOP