鎌倉の大仏。

  • 2020年1月26日
  • 2020年5月6日
  • 日本
  • 38view

2020年1月に神奈川県にある鎌倉の大仏を見に行ってきました。

鎌倉アルプスという山?に登ったついでに行きました。

アクセス

電車 江ノ島電鉄線 長谷駅(はせえき)

入場料 300円です。

パンフレットより

鎌倉大佛の名で親しまれている高徳院(こうどくいん)の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像は、1252年(建長4年)から10年前後の歳月をかけて造立されたと見られる。制作には、僧浄光(じょうこう)が勧進した浄財が当てられたという。鋳工として丹治久友(たんじひさとも)、大野五郎右衛門(おおのごろううえもん)の名を記す史料もあるが、原型作者も含め、創建に関わる事情の多くは謎に包まれる。尊像を収めていた仏殿は、1334年(建長元年)と1369年(応安2年)に大風で損壊したらしい。15世紀以後、同仏殿が再建された形跡は認められない。

 

<サイズ>

総高  13.4m(台座を含む)

仏身高 約11.3m

重量  約121t

 

<ギャラリー>

   

   

最新情報をチェックしよう!

日本の最新記事8件

PAGE TOP