寂稜上の起伏と冒険【有間山(1213m)・蕨山(1044m)】

プロフィール

埼玉県にある有間山(ありまやま)と蕨山(わらびやま)。

〜以下、埼玉県の山より

有間山は奥武蔵と秩父を分ける寂稜上に起伏するピークの総称で、最高点は中央部のタタラノ頭だ。蕨山はこの稜線から東へ派出し、名栗側(なぐりかわ)と有間川を分ける尾根上にある、奥武蔵で人気の山だ。

この2峰を結ぶと、ややハードなコースとなる。

アクセス

<電車>

西武池袋線 飯能駅から国際興業バス名郷行き

↓ 1時間くらい 870円 

名郷(なごう)バス停

<マイカー情報>

圏央道狭山日高ICから県道299号、県道70号、53号で約30kmのところに名郷バス停があります。

有料駐車場とトイレがあります。

登山適期

通年可能です。

4月下旬から5月上旬には新緑。

11月上旬には紅葉が見られます。

ルート

名郷バス停(330m) → 鳥首峠登山口 → 鳥首峠 → 滝入ノ頭 →  橋小屋ノ頭 → 有間山、タタラノ頭(1213m) → 橋小屋ノ頭 → 蕨山(1044m) → 名郷バス停

以下は動画になります。参考になったら、幸いです。

装備

・ザック35L(THE NORTH FACE)

・ロンT(THE NORTH FACE)

・ハーフパンツ(アンダーアーマー), アンダーパンツ(CW-X)

・ウール製の靴下(THE NORTH FACE)

・トレッキングシューズ(MAMMUT)

行動食

・水 1.0L

・おにぎり 1個

その他の道具

・iphone13

・GoPro

・地図

・コンパス

・時計(Apple Watch)

感想

2023年6月18日に埼玉県にある有間(ありまやま)と蕨山(わらびやま)に行きました。

虫が多くて、秋に行けばよかったと後悔した山でした。

虫除けとして、”オニヤンマ”のブローチをくっつけてたのですが、虫がどんどんきたので、効果は感じられませんでした。

”滝入ノ頭”から”橋小屋ノ頭”の稜線は綺麗でした。

紛らわしい道標があったので、間違わないように気をつけてください。

以下はタイムラインです。

(7:43)飯能駅です。3番乗り場から名郷いきのバスに乗りました。”名郷バス停”まで、1時間くらいでした。ICカードは使えます。

(8:57)”名郷バス停”です。トイレはありました。身支度を済ませ、”鳥首峠登山口”を目指します。

車道をずっと歩きます。

(9:31)”鳥首峠登山口”です。右の方へ進むと標識があります。

(9:32)こんな感じです。”鳥首峠”という標識がところどころにあったので、それに従うといいと思います。

(9:59)ロープ場がありました。

(10:12)”鳥首峠”です。左に曲がります。

(10:15)鉄塔です。まっすぐ進んでいきます。

(10:28)こんな風景もありました。

(10:30)こんな尾根を歩きました。

(10:36)”滝入ノ頭”です。まっすぐ進みます。

(10:37)こんな展望もありました。

(10:42)”しょうじくぼの頭”です。

(10:44)こんな展望でした。

(10:47)”ヤシンタイノ頭”です。

   

(10:58)”橋小野ノ頭”です。でもデカデカと”有間山”と書いています。紛らわしいですね。

右方向に進み、”タタラノ頭”を目指します。

ちなみに、左は”蕨山”に続く道です。

     

(11:18)”タタラノ山”です。展望はありませんでした。

  “橋小野ノ頭”まで戻ります。

(11:41)”橋小野ノ頭”です。戻ってきました。

右方向に進み、”蕨山”に向かいます。

(11:53)広いところに出ます。まっすぐ進みます。

 

(12:02)”蕨山”とありますが、多分違います。ここも紛らわしいです。まっすぐ進んでいきます。

(12:04)分岐です。まっすぐ進むと”蕨山”です。

左に降ると”名郷バス停”です。

 

(12:08)”蕨山”です。展望はありませんでした。

さっきの分岐まで戻ります。

(12:13)戻ってきました。分岐です。右に下って、”名郷バス停”に帰ります。

(13:02)”名郷バス停”です。

(13:03)時刻表になります。

Apple Watch ワークアウトログ

合計時間 4:03:18

距離 15.20km

アクティブカロリー 1207カロリー

トータルカロリー 1472カロリー

上昇した高度 1208m

最高高度 1213m

最低高度 331m

平均心拍数 122BPM

平均ペース 15’47″km

アップルウォッチのGPSがうまく読めてませんでした。残念。

最新情報をチェックしよう!