明神ヶ岳(1169m)。

2020年1月に神奈川県箱根町にある関東百名山のひとつの明神ヶ岳(みょうじんがたけ)に行ってきました。最高地点は1169m(明神ヶ岳)、最大標高差は704m、歩行計は5時間15分です。

〜以下ガイドブックより

約16万年前からの火山の活動によって形成された箱根外輪山の最高峰である明神ヶ岳。矢倉沢峠(やぐらさわとうげ)から箱根外輪山を時計回りに歩くルートは変化に富み、箱根の山々の眺望を楽しめる快適な縦走路だ。

 

アクセス

Suica使えます。

<行き>

電車 箱根登山鉄道 箱根湯本駅

バス 仙石バス停 24分 750円 箱根登山バス小田原営業所

<帰り>

バス 宮城野バス停 14分 540円 箱根登山バス小田原営業所

電車 箱根登山鉄道 箱根湯本駅

ルート

仙石バス停(650m) → 矢倉沢 → 火打石山(988m) → 明神ヶ岳(1169m) → 明星ヶ岳分岐 → 宮城野バス停(465m)

動画は矢倉沢から明星ヶ岳分岐までです。

装備

・ザック35L(THE NORTH FACE)

・ニット帽(STUSSY)

・ロンT(THE NORTH FACE)

・ウインドブレーカー(アンダーアーマー)

・パンツ(TIGORA) と ヒートテック(ユニクロ) と ハーフパンツ(ナイキ)

・手袋(Kathmandu)

・ウール製の靴下(THE NORTH FACE)

・トレッキングシューズ(LA SPORTIVA)

行動食

・水 1L

・inゼリー

・カロリーメイト

その他の道具

・折りたたみ傘

・モバイルバッテリー(ANKER)

・地図

・コンパス(SUUNTO)

・救急セット

・カメラ(Nikon5600)

・ヘッドライト(Kathmandu)

・ライト

・本

・時計(Apple Watch)

・GoPro8

感想

2020年1月5日に明神ヶ岳に行きました。

人も少なく歩きやすく、矢倉峠から展望も開けてて歩いてて気持ちいい山でした。おすすめです。

1000m程度の山でしたが、雪もところどころ残っていて靴がぐちょぐちょになりました。

帰り、渋滞していて、15分で箱根湯本駅に着くはずが40分かかりました。

 

(8:17)箱根湯本駅のバス停です。3番乗り場から乗ります。Suica使えました。本数も多かったです。

(8:54)仙石バス停です。国道を進むと金時山ハイキングコースという標識が出てきます。

(8:59)ここ右に進みます。しばらく車道を登ると登山口があります。

(9:26)矢倉沢峠分岐です。雪が残ってました。

(9:55)ハコネダケの中を進んできます。ところどころ展望が開けてて眺めがいいです。

(10:15)火打石岳です。展望はありません。

(10:45)眺めが良い稜線を進みます。

(11:03)明神ヶ岳、山頂です。富士山!少し下ると相模湾が見えて、そこの眺めも良いです。

(11:38)明星ヶ岳分岐です。

(12:16)ここから車道です。標識にしたがってバス停に向かいます。

(12:26)宮城野バス停です。バスの本数も多いので、時間は余り気にしなくてもいいと思います。

 

Apple Watch ワークアウトログ

アクティブカロリー 897カロリー

トータルカロリー 1135カロリー

距離 11.96km

最高高度 1171m

最低高度 459m

上昇した高度 746m

合計時間 3:31:37

平均心拍数 115BPM

平均ペース 17’41″

 

 

最新情報をチェックしよう!

神奈川の最新記事8件

PAGE TOP