森と。不老山。

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月27日
  • 日本
  • 44view

今日は不老山。

季節も変わり、どんな服を着ていいのかさえ忘れてしまっている。やっぱり手袋は必要だったな。

寒い。10月だし、当たり前か。

午後ティーが甘くない。微糖を買ってしまった。パッケージ変えてよね。

6時発の電車に乗っても、人だらけ。一体この人たちは、どこに住んでどこに向かってるだろう?

みんな池袋に向かってたのね。

新宿だが、小田急、どこ??新宿はいつも迷子になる。

電車に乗る度、となりには女性が座って欲しいと願う。男だと肩が触れて気持ち悪い。なんで、藻菜男の体温を何分も感じなきゃいけないのだ。

駿河小山って遠いな。行ったことがない地はちょっぴり嬉しいけれど、帰りが憂鬱だ。

最近、ダウナーという言葉を覚えた。憂鬱という表現に飽きたので、この言葉を多用しよう。

飛び乗った電車が反対方向という不運。

駿河小山駅に着いたのはいいが、登山口探しに難航しそうだな。スマホとしばらくにらめっこかな。

9:50富士箱根トレイル、地元民からエールを受けて、さぁ出発。

誰もいない山だ。道標がなくて不安になる。

11:25山頂到着、何もない。展望もない。さ、下ろう。

金時公園に下ってたはずなんだが、道がなくなった。とりあえず、南だ。

道がない。印もない。。。

南だ。

道路発見!良かった良かった。遭難するとこだった。いや、してたな。

てか、ここどこだ?予定と全然違うところにでてしまっている。

大きい音が聞こえると思ったら、高速道路作ってる音だったのね。

電車が乗り遅れてしまう、走ろ。

間に合った!さ、帰ろ。次はどこ行こうかな?

早起きして、往復6時間以上電車に乗って、感動もない山に上る意味を問う。

色々考えたけど、眠くなった。起きたら、新宿だ。乗り換えだ。

 

 

最新情報をチェックしよう!

日本の最新記事8件

PAGE TOP